高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴

   ビタミンCの効果

左図のAはビタミンC治療をした群としない群とで卵巣ガンの体積の増え方を表したグラフです。▲印がビタミンC治療をした群(下の折れ線グラフ)、△印がしない群。ビタミンC治療をした群で有意にガンの体積の増え方が小さくなっています。

Bは同様にガンの重量を表したグラフです。
こちらも同様にビタミンC治療(右側の黒いグラフ)をおこなった群でガンの重量が小さくなっています。

C,Dは膵臓ガンの結果です。こちらもA,Bと同様の結果です。

現在、日本、米国、カナダなどで種々ガンに対するビタミンC療法の臨床試験が進行中です。

生存率1 生存率2

上図はビタミンC療法をおこなった患者群とおこなっていない患者群で生存率を比較したグラフです。ビタミンC療法をおこなっていない群では 200〜300日の間(グラフ下のメモリ)で生存率が0%になっているのに対してビタミンC療法をおこなった群(卵巣ガン以外)では500日後にも生存者がいることを表 しています。

Ewan Cameron and Linus Pauling:Proc.Natl.Acad.Sci.USA;Vol.75 No.9 pp.4538-4542 sep 1978(一部改変)

高濃度ビタミンC

2005年、アメリカ国立衛生研究所(NIH)、アメリカ国立がん研究所(NCI)、アメリカ食品医薬品局(FDA)研究者が「高濃度のビタミンCがガン細胞を選択的に殺す」という研究結果を発表しました。
  体内に入ったビタミンCは過酸化水素を発生させ、特異的にガン細胞を死滅させます。正常細胞ではカタラーゼという酵素の働きにより過酸化水素を分解できるため影響をうけません。 アメリカでは1万人以上の医師が高濃度ビタミンC療法をガン治療に取り入れています。
当院は点滴療法研究会に所属し、常に最新の情報、技術を習得し安全に点滴療法をお受けいただけるよう心がけています。

◆高濃度ビタミンC点滴の向いている方

  • 標準的なガン治療が無効あるいは適応がない方
  • 標準的なガン治療の効果を高めたい方
  • 寛解期を延長させたい方
  • 化学療法・放射線療法の副作用を軽減させたい方
  • QOL(生活の質)の改善をはかりたい方

◆高濃度ビタミンC点滴をお受けいただけない方

  • G6PD欠損(低下)症
  • 高度の腎不全・透析中
  • 活動性心不全
  • 高度に胸水・腹水が貯留している方
  • など
  • ※G6PDが欠損あるいは低下していても普段は特に症状はありませんが、高濃度ビタミンC点滴をおこなうと溶血発作(赤血球が壊れる)をおこす恐れがあります。従いまして高濃度ビタミンC点滴療法が初めての方はG6PDの測定(採血)をお受けいただいております。

◆高濃度ビタミンC点滴の副作用・合併症

  • 重篤な副作用は通常みられません
  • 低血糖症状を起こすことがありますので点滴前には必ず食事を済ませてください
  • 腫瘍からの出血
  • 腎・尿管結石、低カルシウム血症
  • 血管痛

◆高濃度ビタミンC点滴の方法

週に2〜3回(連日おこなうことも可能です)の頻度で目的とするビタミンC量まで増量していきます。目標に達したら週1〜2回点滴を行います。
点滴時間は30分〜2時間30分です(ビタミンCの量によります)
ご希望の方は必ず食事をお摂りになってご来院ください
また、血液検査の結果や画像検査の資料等をお持ちの方はご持参ください。
当院のビタミンCは防腐剤無添加(Mylan社製)のものを使用しています。

高濃度ビタミンC点滴料金(診察料込:税抜)

10,000円(12.5g)、12,000円(25g)、15,000円(50g)、18,000円(75g)
G6PD測定料:10,000円(初回のみです:税抜)
相談のみ:4000円(税抜)