令和元年度インフルエンザ予防接種について

予約制ではありません。直接おいでください。
東振協の方も予約制ではありません(用紙に「予約を」と書かれていますが)

対象者1

  

川崎市民の方で以下の通りです
接種期間:令和元年10月1日(火)〜令和元年12月31日(火)まで。

  • 接種日に満65歳以上の方
  • 接種日に満60歳〜64歳で心臓、腎臓、呼吸器の機能障害を有する方、HIVによる免疫の機能障害を有する方
  • 自己負担金は2,300円(税込)です※接種期間を過ぎますと全額自己負担となりますのでご注意ください
  • 接種回数は、期間中に1回です(2回接種を行う場合、2回目は全額自己負担です)

  • 次の➀〜➂に該当する方は証明書類(★)のご提示により窓口負担金が免除になります。
  • ➀生活保護世帯の方
  • ➁市県民税非課税世帯の方
  • ➂中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に基づく支援の対象者の方
  • ★証明書類(次のいずれひとつ)

  • ①生活保護決定通知書または被保護者証明書
  • ②最新の介護保険料納付通知書(保険料段階が第1〜第4段階のもの)  
  • ③後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証(有効期限内のもの)  
  • ④中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に基づく支援の本人確認証(有効期限内のもの)
  • ⑤中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律に基づく支援給付受給証明書(受給期間が含まれるもの)
  • ⑥(①〜⑤の書類が無い場合)
    健康福祉局保健所発行の免除対象者用予診票(有効期限内のもの)
    ※平成28年度より区役所での発行はできなくなっています。
    免除対象者予診票の発行手続きについては、川崎市予防接種コールセンター
    044-200-8181までお問い合わせください。
  •  ◉証明書類についての詳細は役所にお問い合わせをお願いいたします
  • 対象者2(上記以外の方)

      

    接種開始日:令和1年10月1日より

  • 64歳以下で心臓、腎臓、呼吸器の機能障害のない方、HIVによる免疫の機能障害のない方が対象です
  • 接種料金:3,600円(税込)。2回目3,100円(当院で1回目を受けられた方)(2回接種は13歳未満の方です)
  • 東振協以外の方でご家族2人同時接種の方は、お一人2,600円(税込)
  • 公害医療手帳をお持ちの方の接種費用助成について

      

    [対象者]

  • 公害健康被害の補償等に関する法律の旧第一種指定地域に係る被認定者
  • 川崎市公害健康被害補償条例の被認定者
  • [接種場所・期間]

    全国の医療機関で接種可能(住民登録をしている市区町村に限りません)
    令和元年10月1日(火)〜令和2年2月29日(土)の間に接種した者が助成対象となります

    [助成の範囲]

    インフルエンザに係る予防接種を受ける場合、その自己負担額の全額
    ① 接種1回で終了した場合の自己負担額
    ② 医師の指示により2回接種した場合、2回分の自己負担額
    ③ 予診の結果、接種が行えなかった場合の自己負担額

    ❇︎ 生活保護世帯の方や非課税世帯の方等、住所地の市区町村の制度により
    自己負担額が全額免除される場合があります。
    その場合は自己負担額が生じないことから、本助成の対象とはなりません。
    なお、生活保護世帯の方や非課税世帯の方でも住所地外の医療機関で受けたことにより、住所地の免除制度が受けられず、自己負担額が生じた場合は本助成対象となります。

    ❇︎ 全額免除ではなく、一部免除等の精度がある市区町村については、一部免除を控除した実際の自己負担額が助成対象になります。

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    以下に該当する方は受けられません

    ①接種当日(診察時)に37.5℃以上の発熱のある方

    ②重篤な急性疾患にかかっている方

    ③予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシーショックを起こしたことが明らかな方

    ④インフルエンザの予防接種で接種2日以内に発熱のみられた方および全身性発疹等のアレルギーを疑う病状を起こしたことがある方

    ⑤その他、予防接種を行う事が不適当な状態にある方